配管で起きる水のトラブル

家庭内には多くの設備がありますが、そのどれもが配管を接続しています。水道配管もあれば、排水管もあります。水のトラブルが起きたときには、それぞれの対処方法を考えておく必要があります。

■水を送っている給水管

配管の問題として、給水管など水を送る側の水のトラブルの時には、まず水を止めなければいけません。水のトラブルが起きたままでは、水は供給されたままであり、被害が拡大してしまいます。修理をするとしても、水の圧力がかかったままでは危険です。どこか部品を外した瞬間に水が噴き出したり、部品が飛んでくることもあります。
水圧のかかった状況を回避するために、まずは止水栓を閉めます。設備ごとに配管に取り付けられている場合が多く、閉めるだけで水の供給が止まります。止水栓がない場合や閉まらないときには、元栓を閉めてしまえば安全です。その代り、家庭内に供給されているすべての水が止まります。

■発見が遅れやすい排水管の水のトラブル

排水管の場合、配管は目につかないところに設置されています。使った水を流すための配管のため、どうしても目につかないところに設置されやすく、トラブルが起きても気がつかない場合が見られます。詰まってしまった場合には、逆流するためわかりやすい反応がありますが、水漏れしているケースでは発見が遅れてしまうことが多い場所です。
手掛かりになるのは、水が流れる音や湿気、臭いです。これらの異変を見逃さないことが大切です。排水の場合には、使った水になるため、衛生上の問題も出やすく、建物に対する被害も出てきます。給水管とは異なり、圧力もかかりませんが、早めに対処しなければいけません。

■まとめ
配管の水のトラブルは、場所によっても性格が異なります。ただ、どこのトラブルであっても被害は確実に発生するため、定期的な点検と素早い対処が大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ