水のトラブルから流れ出た水と床材のダメージ

水は、高いところから低い方へ流れます。毛細管現象などの例外はありますが、これが基本です。水のトラブルが起きたときでも、この基本特性からどのような被害が発生するのかを考えておかなければいけません。

■流れた水は被害を広げる

水のトラブルが起きたとき、真っ先に考えなければいけないのは、その水はどこに流れるのかです。トイレのタンクから便器に流れているのであれば、使わずに排水されるという状況になります。これが外部に漏れている状況となれば、流れる先は床です。
床に流れた水は、さらに流れる先を求めて拡散しながら、浸み込んでいきます。浸み込んだ水は床下や下の階へ流れていくため、被害を拡散させてしまうのが問題です。床下に流れれば、建物の基礎にも影響を及ぼし、階下なら他の部屋に流れます。集合住宅であれば他の家の天井から流れ落ちる可能性もあり、驚くほど大きな被害を生み出してしまうでしょう。

■濡れた床材は劣化していく

床に流れたとしても、それで終わらないのが水のトラブルです。床材が水を吸い続ければ、必ず劣化してしまいます。一戸建てとして階下に影響がないとしても、床材が水を吸えばやがて使い物にならない状態になり、湿気が抜けなくなります。シロアリなどの害虫の温床にもなりますし、床が抜けてしまうような状況も生み出してしまうため、早めに対処しなければいけません。大量に流れたときには誰でも対処しますが、ぽたぽたとわずかに流れ落ちているときでもこうした被害は生まれますので、水のトラブルはほんのわずかな状態でも見逃さずに修理することが大切です。

■まとめ
水のトラブルから派生する被害を考えれば、できるだけ早く対応して修理をしなければいけないことがわかります。放置していても絶対に直ることはない以上、すぐにでもスタートしなければいけないでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ