水のトラブルの基本といえる蛇口

水のトラブルはいろいろなところで起きますが、基本となるのは蛇口です。水道管に接続されている蛇口は、使用頻度も多くなり、部品の消耗も激しいため、水のトラブルを起こしやすいからです。

■パッキンやコマは消耗品

蛇口は送られてくる水の圧力をうけ、調節することができる装置です。締めれば水を止めることができ、水量の調節の役割も持っています。水道管の圧力に負けない状態を作り、隙間から水漏れをさせないためにパッキンが必要です。パッキンはゴムで作られており、弾力があるため、隙間を作らずに済みます。水に接しているため、成分が流れ出し、徐々に弾力を失い、やがて役割を果たせなくなるため交換が必要です。蛇口のパッキンの交換とともに、コマなども交換しなければいけません。交換自体はそこまで難しいものではありませんが、機能の高いものの場合には構造がさらに複雑ですので、専門業者に依頼した方が良いでしょう。

■本体ごと交換しなければいけない時期

蛇口は、使っているうちに部品が摩耗してくる問題を抱えます。稼働している部品は、金属疲労も起こしますし、更には部品が摩耗して隙間も作り出してしまいます。耐久性は高く作られていますが、パッキンやコマなどを交換しても水が止まらない場合には、本体ごと交換することを検討しなければいけません。
水漏れしている箇所でも判別ができます。コマやパッキンの場合、先端部分から水が漏れだしてくる特徴があります。本体の摩耗や劣化の場合には、ハンドル部分など他のところから漏れだすのが大きな違いです。そのような状態では水圧にも耐えられなくなるため、早めに交換した方が良いでしょう。寿命はだいたい7年から10年といわれています。

■まとめ
蛇口の修理は、水周りの中でも基本的な部分です。温度調節機能の無いハンドルがひとつのものであれば、消耗品の交換も難しくありませんが、部品が手に入らなかったり、修理が難しいと感じたときには専門業者に施工依頼するといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ